被害に遭わないためのインターネット詐欺

この記事をシェアする

インターネット詐欺に遭ったらまずは弁護士に相談!

専門を見きわめて!弁護士への相談の注意点

一般の方にとっては、弁護士は全員が法律のプロフェッショナルであり、どの弁護士に相談しても詐欺トラブルを迅速に解決してくれると思われるかもしれませんが、弁護士といえども得意、不得意があり、それぞれの専門分野を活かして依頼を引き受けています。
詐欺被害そのものは民事訴訟の範疇であり、まずは民事事件を専門とする弁護士に相談するのがオーソドックスなプロセスとなります。
さらに、民事のなかでも詐欺事件を専門とする弁護士も多く、今後はインターネット詐欺トラブルをメインに引き受ける弁護士も増えていくだろうと見られています。
弁護士の得意分野は過去の訴訟実績については弁護士事務所のウェブサイトなどにくわしく掲載されていますので、依頼前に必ずチェックするようにしましょう。

弁護士が警告!インターネット詐欺の特異性

古今東西、世界レベルでもさまざまなパターンの詐欺が登場してきましたが、ここ数年急増しているインターネット詐欺は数ある詐欺のなかでもひときわ巧妙に仕組まれており、犯罪としての特異性が際立っていると言われています。
インターネット詐欺の最大の特徴は、すべてのプロセスをウェブ上で完結させることができる、という点にあります。
それはすなわち、犯人の顔が見えにくくなっているということであり、犯行へのハードルが格段に下がってしまっている、ということでもあります。
インターネット詐欺の凶悪化に対し、日本国内の現行法が追いついていないのは事実であり、今後も増えると見られるインターネット詐欺に対し国内の規制を強化する必要性が高まっています。


Topへ
戻る▲